きれいをつくる美容の薬

美白クリームの通販

お店には売っていない美白クリーム

こちらで紹介しているのは、美容外科や美容皮膚科で使われている医薬品の美白クリームです。ドラッグストアなどで販売されている市販品と比べて、抜群の効果があります。

美白クリームで透明感のある白い肌に

美白クリームにはどんな商品があるの?

美白クリームは、シミやそばかすなどの肌の汚れを取り除き、白く透き通るような肌を作るものです。

市販のコスメ用品から病院で処方される医薬品に至るまで、美白クリームと名のつくものは成分も効果も実にさまざまです。

シミ、そばかす予防は市販の美白クリームでもできますが、日焼けなどで黒ずんでしまった肌を白くさせる事はできません。
できてしまったシミ、そばかす、日焼け跡を消すには、美白効果がある医薬品を使うのが一番です。

あなたの美白は治療タイプ?予防タイプ?

美白クリームの用途として大きく分類できるのが、シミの治療と予防です。
美白クリームの作用においても、シミを出来にくくする作用(メラニン生成抑制作用)と、出来てしまったシミを消す作用(メラニン還元作用)の2つに分類されます。
治療の中でも、一見シミと同じように見える肝斑(かんぱん)という疾患には、肝斑の治療薬を使います。

美白クリームの商品を選ぶ際には「美白」もしくは「医薬部外品」という記載があるどうかを確認しましょう。この記載がある商品には、厚生労働省によって認可された医薬部外品が有効成分として含まれていますので、高い美白効果と保障された安全性が期待できます。

シミを予防したい場合の美白クリームを選ぶポイント。

シミの予防に効果がある医薬部外品して、以下のものがあります。

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • リノール酸
  • 4MSK
  • マグノリグナン
  • プラセンタエキス

これらの成分には、シミを出来にくくするメラニン生成抑制作用があり、臨床試験によって効果が認められています。シミやそばかすなどの汚れを予防したい方は、上記のいずれかの成分が入った美白クリームを選びましょう。

シミや黒ずみを消したい場合の美白クリームを選ぶポイント。

シミの治療として、メラニン還元作用のある成分は

  • ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体

この2つがあります。
ハイドロキノンは身近な果物や飲料に含まれている天然成分ですが、強力なメラニン還元作用があります。

美白効果においてハイドロキノンが最も強力ですが、フランカルボン酸モメタゾンなどの炎症を抑える成分を配合していないものは、肌への刺激が強くなるので要注意です。

ビタミンC誘導体は、体の中でビタミンCに変わる成分で、メラニン色素を分解してシミを予防したり、肌の老化を防ぐ作用があります。
壊れやすい成分であるビタミンCを皮膚に浸透しやすい誘導体へと変化させたもので、主に化粧水に含まれます。

肝斑を消したい場合の美白クリームを選ぶポイント。

肝斑の治療には、主にトラネキサム酸と上記のビタミンC誘導体が有効です。
トラネキサム酸を用いた肝斑の治療薬として代表的なのがトランシーノです。

肝斑は紫外線ではなく女性ホルモンバランスの乱れによるシミであり、30~60歳前後の女性に多く見られます。
肝斑の治療にはトランシーノの内服薬を使いますが、トランシーノの成分を配合した美白クリームも市販されております。

美白クリームでなかなか治らないシミは肝斑の可能性がありますので、トランシーノによる治療が必要となります。

市販の美白クリームより効果がある医薬品

医薬品の美白クリームは美白成分ハイドロキノンの含有量が違います。

市販化粧品に含まれるハイドロキノンの上限
1%未満~4%
美白医薬品に含まれるハイドロキノンの上限
5%以上

最も美白効果のあるハイドロキノンは医薬品ですが、市販の美肌クリームにもハイドロキノンが含まれているものもあります。ただし、市販の美白クリームに含まれるハイドロキノンには濃度に上限があり、皮膚科で処方される美白クリームに比べて効果は弱くなります。

病院で処方されるハイドロキノンを使用した美白クリームは刺激が強くなるため、皮膚に合うかどうかパッチテストを行ってから使います。
肝斑の治療に使われるトランシーノにおいても同様で、市販されているトランシーノはあくまでシミ予防のものと考えてください。
美白クリームといえど、本物の美白効果を発揮するのは処方せん医薬品であり、購入するには病院での診療が必須となります。

医薬品を専門に扱っている通販サイトでは、処方せん医薬品を取り扱っており、皮膚科で使われているものと同じ美白クリームやトランシーノを購入することが出来ます。
皮膚科で処方された美白クリームを使っている方や、過去に処方されて効果があった方の場合は、通販で同じものを購入するとお得になります。

「美白」美容ガイド(新着5件)

美白美容ガイド