きれいをつくる美容の薬

「美白」美容ガイド

美白はスキンケアの代名詞とも言える重要なもので、多くの美白化粧品が販売されています。美白において重要なのは、お肌の新陳代謝を促進する健康的な生活習慣が第一ですが、美白効果のある医薬品を使ってシミやそばかすを消す事もできます。

美白を手に入れたいあなたへ

美白は美しさと若々しさの象徴です。

美白は、女性のスキンケアやアンチエイジングにおける代表的なものです。
白く輝いた美しいお肌は若々しさにあふれ、女性としての魅力を引き立ててくれます。

普段は美白に対して消極的な方でも、結婚式や就職活動といった人生における大事な場面となると、美白ケアに勤しむものです。
美白は女性にとって美容以前に、一つの身だしなみのようなものである、とも言えるでしょう。それゆえに美白を求めるのは女性として当然の事であり、美白ケア用品は化粧品からサプリメントに至るまで、実にさまざまな商品が販売されています。

お肌は非常に敏感なものです。一度ケアを間違えれば、美白どころかお肌のトラブルを引き起こしてしまうこともあります。
美白の方法やトラブル対策など、あなたの肌の状態を把握した上で、最適な方法で美白を成功させましょう。

美白を妨げる様々なトラブル。

美白を妨げるトラブルとは「シミ」「そばかす」「日焼け」といった肌の汚れです。
そもそも肌が汚れるのは、紫外線を浴びることによって皮膚の中でメラニン色素が過剰に生成されるのが主な原因となっています。特に夏は紫外線が強くなるので、日焼けやシミが出来やすくなります。

美白の大敵として、以下のものがあります。

  • 紫外線
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 女性ホルモンの分泌異常
  • 加齢
  • ニキビ等の炎症
  • 栄養不足

こういったことが原因で、知らないうちにシミやそばかすになっている事も多いのです。
…とはいえ、忙しくてなかなか睡眠がとれなかったり、仕事でストレスを抱えてしまったりするのが現代人というもの。普段の生活スタイルを根本から変えない限り、肌の汚れを防ぎきれないのが辛いところですね。

では、どうすれば「美白肌」をつくることができるのでしょうか?
さまざまな美白の方法を紹介します。

美白の方法あれこれ

【美白の方法①】
食べ物で内側から美白ケア。

食べ物で内側から美白にする、という方法です。すぐに明確な効果は出ないものの、栄養を補給するという非常にオーソドックスなやり方です。

美白をつくる成分として

  • アミノ酸
  • ビタミンA(βカロチン)
  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • ビタミンE

などがあります。
これらの成分を効果的に摂取できる主な食材として

  • みかんなどの柑橘(かんきつ)類
  • キウイ
  • トマト
  • はちみつ
  • ヨーグルト

いずれも生で手軽に食べられるものばかりですので、朝食でサラダやデザートに工夫をするだけで美白成分を摂取できます。

【美白の方法②】
サプリメントで効果を増強。

食べ物だけでは物足りない、という方が次に考える手段がサプリメントでしょう。
サプリメントは昨今の健康ブームですっかり身近なものとなり、美白においても多くのサプリが販売されています。

美白サプリを選ぶ方法としては主に「成分」「配合量」「価格」の3つがあります。
最も効果のある成分を、最も有効な配合量で、最適な価格帯の商品を購入するという事です。

美白サプリには大きく分けて
「メラニンの生成を阻害するもの」
「既に生成されたメラニンを薄くするもの」
この二つに分かれます。
サプリを購入する際には、お肌のトラブルを予防するのが目的か、シミやそばかすなどの治療を目的としているのか明確にしておきましょう。
サプリを使う場合には、一部の成分だけに偏った過剰摂取とならないよう、バランスよく適した量を摂取するようにしましょう。

【美白の方法③】
美白化粧品は女の武器です。

美白化粧品は、美白を求める女性の言わば「武器」とも言うべきものです。
化粧のノリによってその日の気分まで良くなります。良い美白化粧品を見つけた時にはついつい周囲に自慢したくなりますね。

しかし、化粧品を買い揃えるにはお金の浪費も激しく、高いお金を払ったのに・・・と失敗した経験が誰にでもあると思います。美白化粧品は一生つきあっていけるような、これ!という逸品に出会いたいものですね。

美白化粧品を選ぶポイントとして、まず厚生労働省に認可されている美白成分を使用している医薬部外品を選びましょう。広告や商品イメージに惑わされず、成分をしっかりと確認する事が大事です。

医薬部外品として認められた美白成分とは

厚生労働省が認可している医薬部外品の成分として、おもに以下のものがあります。

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • リノール酸
  • カモミラET
  • 4MSK
  • マグノリグナン
  • プラセンタエキス
  • ハイドロキノン

厳密な作用や用途は異なりますが、これらのうちどれか一つでも配合された商品は美白効果のある医薬部外品となります。もちろん、これらの成分には皮膚科で処方されている医薬品(ハイドロキノン等)も含まれます。

美白化粧品を選ぶ際には、これらの成分が含まれているかいないかで、効果は大きく異なってきます。なぜなら、医薬品以外の成分は臨床試験が行われていないため、効果は実証されていないからです。
信頼に足るデータが無ければ、広告で美白効果をうたっていても実際の効果は期待できません。

【美白の方法④】
レーザー治療でシミを消す。

美白における最終手段とも言えるのが、レーザー治療によるシミの除去です。
色素沈着が起こっている皮膚にレーザーを当てて、メラニン色素を除去するというもので、直接的な効果が強い分、肌に与えるダメージも大きく、リスクもともないます。最悪の場合、シミを取ったつもりが、さらにシミが悪化してしまうということも起こりえます。

レーザーで除去できるのは、あくまでメラニン色素であり、メラニン色素を生成しているメラノサイトは除去できません。さらに炎症性色素沈着という状態(レーザーの照射が原因の色素沈着)が起こると、肌が黒ずんでしまいます。
手術後には肌が過敏になるので、この部分に紫外線が当たるとシミはさらに悪化してしまうのです。
シミのレーザー治療を行う際には、こういった点に注意して手術後のケアもしっかりと行う必要があります。

美白に用いられる医薬品とは

美白をつくる代表的な医薬成分「ハイドロキノン」を配合した医薬品。

美白に用いられる医薬品に使われている代表的な成分が「ハイドロキノン」という天然成分です。

ハイドロキノンの作用は、メラニン色素を生成するメラノサイトそのものに働きかけ、メラニン色素の生成を抑えるというものです。この作用によって、メラニン色素によるシミやそばかすなどを治療する効果があり「美白の特効薬」と言われています。

ハイドロキノンの美白効果はとても強く、人によっては白斑(美白効果が強すぎて部分的に肌が真っ白なってしまう状態)という副作用が出る場合がありますが、最適な量で使用すればハイドロキノンに勝る美白成分はありません。

レーザーを使わない美白手段として、最も効果があるのがハイドロキノンを使った美白クリームとなります。ハイドロキノンは市販されている美白クリームにも含まれていますが、市販の美白クリームでは含有量に制限があります。

ハイドロキノンクリーム、読むとわかる効果と使い方

美白効果が高いのは、皮膚科などで処方されているハイドロキノンクリーム(処方せん医薬品)となります。
通販では皮膚科で使われているのと同じ美白クリームメラケアForteクリームを購入することができます。

「美白」美容ガイド 記事一覧

美白クリームの通販 人気商品

美白クリームの通販